通常通り診療しています

勇気 、 素直

皆さまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

暑いですね~ 陽射しも暑い。地面の照り返しも暑い。ふぅ。アイスの訪問販売ってないのかなあ。

 

当院でも熱中症に気をつけよう、とのポスターを貼っていますが、水分補給は大事ですね。

ミネラルも補給できる某ポ○リスウェットの会社は、長時間手術で疲れたお医者さんが点滴をガブ飲みしているのを見てポ○リスウェット商品アイデアを思いついたとか。すごいですね。

熱中症対策として、やはり就寝時はエアコンを少し涼しいくらい、(男性25度、女性27度)がいいらしいのですが、

皆さま、それって受け入れられますでしょうか???

 

長年エアコンをつける習慣がなかった方や、28度以上や、途中で夜エアコンを切ってしまうのがちょうどいいと経験的に信じ込んでいる人に対して、命の危険があるからといっても、なかなか受け入れてもらえないだろうなあ、と感じました。

「昔なんか扇風機しかなかったし、窓を開けて寝てた。なんでもないよ。」というお声が聞こえてきそうです。

でも、その時より地球の温度、上がっていませんか??

 

人によっては、いくら正しいと主張しても、のどがいたい、眠れない、いろいろな理由から、否定してくるのではないでしょうか。でも、熱中症については、それでも上記の温度が正しいということなのだと思います。

 

習慣とはおそろしいものです。盲目です。思考停止です。ルーチン化です。

いつの時代も、何才になっても、やはりフラットに、素直に人や専門家の意見をきく耳を持つ、

もしかして正しいのかも、自分が間違っていたと思ったら、みとめる勇気を持つ。難しいですねぇ。

 

勇気、そして素直。これぞ最強でしょうか。

 

歯科の患者様でもそういう事例は山ほどあります。

・「自分はムシバになったことがないから、歯医者など縁がない。必要ない。」

ムシバの菌と歯周病の菌は違う菌なんですね。。。ムシバが一本もなくても、歯周病で次々と歯が抜けてしまうかもしれません。

やはり検診やクリーニングは必要なんです。

 

・「この入れ歯、30年使ってる。なんでもかめるよ。」

歯グキは必ず少しはやせたり変化があります。実はあっていないのに、道具としての入れ歯に慣れて、使いこなしているだけです。使いこなしているのはすごいですが。健康とは限りません。傷になっていてもかたくなってしまっているだけかもしれません。食べかすのつまりがすごいかもしれません。

 

・「歯石とりで麻酔???きいたことない。麻酔なんかしてとったことないよ。おかしいんじゃないの?」

縁下歯石といって、歯グキの中にある、ある程度すすんだ歯周病の治療としての歯石とりは、麻酔しないと痛くてしっかりとれない場合が多々あります。それどころか、ふつうの歯石とりでも、麻酔することは別に変とかおかしいとかではありません。保険でもみとめられています。

 

・・・枚挙にいとまなし、です。

 

じゃあ、オマエはどうなんだ、というお言葉をいただきそうなので・・・

 

・「国家試験的には、歯科医療の治療方針は、証拠や統計に基づいた文献に基づく治療をすべきで、自分の経験や先輩や友人の意見に左右されて治療方針を決めるべきではない。経験則に基づいてはいけない。それは正しい医療とは言えない」

実は、自分の経験に基づいた医療(DBM)や、先輩の意見に基づいた治療は、国家試験的には×!バツ!なんです。

でも、つい経験に基づいちゃいますよね・・・文献文献。でもあまり頭でっかちでもねぇ。どうでしょうか。

各分野の治療のガイドラインを定期的にチェックするのは、絶対必要ですがね。

 

・・・自分も、勇気と素直。なるべく頑張ります。

では今日はこのへんで。ごきげんよう。

 

血が通っていますので

皆さまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

ようやく晴れが増えてきたと思ったら、また今日は雨ですね。高気圧さん頑張ってください。そろそろ。早く!

 

さて最近血液サラサラにするお薬を飲んでいる方も多く、他の歯医者さんで治療を断られた、などという方も結構いらっしゃいます。

質問も多く、今回はそういうお話しです。

 

抗血栓薬といって、血をかたまりにくくするお薬の話です。血液がつまったら命にかかわる方に処方されています。また、予防的に出されている場合もあるようです。

若い歯科医師にとっては常識かもですが、血液サラサラのお薬を抜歯のためにやみくもに歯科医師の判断で止めてはいけない、というのは、学校でしつこく習います。

私も学生時か研修時か忘れましたが、内容ははっきりと記憶にあり、こんなやりとりの授業でした。

 

口腔外科の先生「高岡君、抗血栓薬はどうするんだっけ?抜歯の時?」

私「止めないんですよね、歯医者が勝手に。」

先生「そう、命にかかわるからね。勝手にとめて血栓になったら患者さん死んじゃうからね!ぜったい止めるなよ!」

私「(ややしつこさにウンザリしながらも)わかりました。絶対とめません。」

先生「患者さんが予防的に飲んでるだけだから、と言っても、最低限担当のお医者さんと相談しなきゃダメだよ!止めないよ!」

私「わかりましたって!予防的と患者さんが自己申告しても止めません!」

先生「じゃあ、わかったら良し。かえっていいよ」

私「では、失礼します」

(ドアを閉めかけて)

先生「血栓薬は?止めないんだよ!!!」

私「とめませんから!!(泣き顔)」

 

・・・とても話しやすい、いい先生でした。S本先生というのですが。尊敬してます。でも冗談でなく、これくらいしつこかったのです。本当の話です。

当時、実際に、「歯医者が勝手に抗血栓薬をとめて困る」という苦情が内科医の間でよく言われていたらしいのです。

ペーペーだった私でも、その重要さは理解できました。浅い理解のまま、全身にかかわる薬を、歯医者が勝手に裁量してしまうと、命にかかわる場合があるのだろうなあ、と。以前、歯医者がすぐフロモックス(抗生剤)ばかり出すから、効かなくなるだろうと怒っていた医学部の先輩がいたし。

 

・・・そして臨床に出ました。

実際はそんなに生易しい、単純な話ではありませんでした。

あれだけしつこくすりこまれたので、当然わたしは、血液サラサラのお薬を飲んでいるかたで、簡単な抜歯なら、止めませんでした。薬を。教わった通りです。しかし、午前抜歯した患者様から、夜電話がかかってくるのです。

患者様「まだ出血がとまらないんですけど?」

私「えっ  ガーゼをでは1時間ほどかんでください、でも心配ならいらっしゃってください」

 

・・・中には、翌日の朝起きたら、枕が血だらけだった、翌日だけどまだ少し止まらなかった、など、

患者様もかなり不安になっておられる事例がけっこうあり、私自身、動揺しました。と同時に、わかりました。

 

そっか、だから歯医者は止めたがるんだな、抗血栓剤を。と。

だって最終的に止まらなかった患者様はひとりもいませんでしたが、その間は患者様は不安で、最初、初診時、「別の歯医者ではできないと言われたけど、止めなくていいならいいや。少しくらい大丈夫、やっちゃってください!」と威勢がよかった方も、うってかわって、どちらかというと不信や不安のほうが強いように見えたのです。

不信や不安に思われては、やはりだめです。だから、歯医者は止めようとするのか、とわかりました。

 

最近、ガイドラインを見て正式なやり方を調べましたら、TNRという値があり、その値によって、内科医の先生と対診(相談)して、決めるのが、正しいようです。

 

でもよく考えると、実は基本的なやり方で解決するんですよね。つまり勝手に歯科医が判断せず、かかりつけの内科医(正しくは循環器の先生でしょうか)に相談すればいいだけ。

 

血は当たり前にわたしたちに通っているものだけれども、実際に自分から結構出ると、かなりあせってびっくりしてしまう。

そりゃ誰だってそうです。

 

やはり説明が重要ということでしょうか。

では、今日はこのへんで。ごきげんよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木を見て森を見ず

皆さまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

エアコンは、冷房よりドライまたは除湿を使ったほうが、実は涼しかったりすると思っている今日このごろです。

 

さて、歯科で使う白いつめものについて、最近よく仕組みはどうなっているのかご質問をいただくので、お話しさせていただきます。

基本的に保険がきかない、セラミックはさておき、今日はコンポジットレジン(保険がきく白いつめもの)に関連するお話しです。

 

・・・歯医者で、ピッ    ピッ    ピッ  とかいう音って、いったい何をしてるんだろうか、

と思っていらっしゃる方も多いと思います。根の治療で使う道具も、ピコピコいうのはありますが、

コンポジットレジンとは白いつめもので、白い樹脂(樹脂=プラスチックと思ってください)は、光で固まるのです。

今回はこのコンポジットレジンと、光で固める道具(照射器)のお話しです。

 

そもそも、液体状だったり、やわらかいプラスチックが、光を当てると固まるというのは大発見でした!!!

素晴らしい!!白いつめものへの期待がふくらみましたが、あまり普及しませんでした。

なんででしょうね・・・

それは、紫外線を使っていたからです。

最初は、樹脂が、紫外線でしか固まらなかったからなのです。イヤですよね。紫外線。患者様もイヤでしょうし、われわれ医療従事者も、いっつも見るわけですから、イヤです。普及しませんでした。

 

しかし!!!医学の進歩は素晴らしいのです。紫外線ではなく、可視光線(目に見える光。紫外線は含みません)で固まるレジンが開発されたのです。(正しく、詳しくは、カンファーキノンという物質。光で固まる反応を開始させる物質です)

 

皆さん、そうしたらどういう展開になるか、わかりやすいですよね!

当然、紫外線を含まない、可視光線(波長が400ナノメートル以上)で固まるレジンと、光照射器、の組み合わせなら、流行っていきそうですよね!

実際そうなりました。それこそが、わたしたちの暮らしを向上させてくれた、保険がきく白いつめものの実態なのです。

ではあの青い光は、ジッとみてもいいのでしょうか?

紫外線は入っていませんが、歯に反射した後の光を、ずっと見続けると、目にわるいという報告があるのです。

それを受けてちょっと整理しますと・・・

 

①患者様の場合

歯に反射した光を見続ける状況があるか?

ないですよね。まず、タオルをかけている歯科医院に通っているアナタ!なら、100パーセント大丈夫です。ご安心ください。

見ようと思っても見えません。

タオルをかけていない歯科医院の場合、照射する器械(照射器)は、基本的に先端は口の中にあるので、直接光をみることはできないと思います。

では歯からの反射光はどうか?目を見開いていれば、反射光は目に入ってくる可能性ありますよね。

でも、ジッと見続けた場合のみ有害な場合がある、程度なので、基本的に大丈夫でしょう。

②医療従事者の場合

歯に反射した光を見続ける状況があるか?

歯医者は明らかにありますよね。みないでどうやって照射するのでしょうか。やはり、オレンジ色の板などで、反射光は見ないようにしたほうがいいですね。正確な治療のためにもです。

歯科衛生士さん、助手さんなどアシスタントはどうか?

歯科医がどこに照射するかを見定めて、オレンジ色の板だけ出したら、目を背けた方がいいですね。反射光をジッと見る可能性は多いにあります。

 

以上をふまえて、皆さま、ご心配なく。タオルをかけている歯科医院なら、(ほぼかけていると思います)まず患者様の大切な目が、有害な光にさらされることはありません。

また、紫外線は最近の照射器には含まれていません。ご安心ください。

 

 

・・・「紫外線がでているので、目をつぶっていてくださーい!!」

もしこんなことを歯科医院で言われたら、おや???と思われても仕方ないですね。

患者様を守るために、あえてそうおっしゃっているのかもしれませんし。やさしさだと思ってください。

 

では今日はこのへんで。ごきげんよう。

 

 

7/7(日)休診のお知らせ

院長講習会出席のため、7/7(日)休診致します。申し訳ありません。