通常通り診療しています
発熱している方は受診お断りさせていただきます
安全な医療提供のため、ご理解ご協力のほどよろしくお願い致します

痛くなければ、いい。ワケない。

皆さまこんにちは。いかがお過ごしでしょうか。

ワクチンが遅いことにだんだんと糾弾がはじまりましたね。

私の周りでも、医療者でもワクチンを拒否する人がおり、さらに混迷しそうだな、と思っております。

 

さて、永久歯のむしばのリスクですが、例えばむしばが1本ある大人がいたとしましょう。

穴があいている状態。痛くもない。

これは、1本で痛くないのだから、リスクは低い、と考える日本人はとても多いのです。

イヤイヤ、虫歯になっちゃってますから。穴あいちゃってますから。

リスクが低い人というのは、虫歯がない人、菌が少ない人、いない人のことです。

 

欧米では、わざわざ有給休暇ととって、歯の検診に行く人もいます。

根本的に日本人と考え方、危機感が違うのです。

 

日本人は、歯が折れたり割れてしまっていても、また、そうでないケースでもよくある患者さんの誤解が、

『歯医者なんか痛くなければ行く必要はない。痛ければいく。いったら、すぐ治るはず』

というものです。この考えに凝り固まっている人は、正直歯科治療にむきません。

 

70代くらいになって歯周病などで次々と歯を失って、はじめて歯医者がいっていたことが大げさではなかった、と痛感するのです。

 

転ばぬ先の杖です。予防、治療、検診。早め早めが一番です。

 

では、今日はこのへんで。ごきげんよう。

この記事をシェアする